【データバンク室】「技能実習制度の見直しに関する法務省・厚生労働省合同有識者懇談会報告書」ほか

2015.02.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「技能実習制度の見直しに関する法務省・厚生労働省合同有識者懇談会報告書」(厚生労働省・A4判・29頁)

 外国人技能実習制度の大幅な見直しに向けた具体策を示した。法違反阻止へ管理機関を創設する。平成27年度中に新たな制度に移行することをめざす。

技能実習制度の見直しに関する法務省・厚生労働省合同有識者懇談会報告書


「平成26年度『過重労働解消キャンペーン』の重点監督の実施結果」(厚生労働省・A4判・17頁)

 昨年11月に実施した過重労働解消に向けた重点監督結果の概要。違法な時間外労働や賃金不払い残業など全体の84%で労基法違反がみられた。

平成26年度『過重労働解消キャンペーン』の重点監督の実施結果


「改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する検討会報告書」(厚生労働省・A4判・36頁)

 平成27年12月1日のストレスチェック制度の施行に向けて省令や指針などのたたき台となる報告書がまとまった。集団分析の努力義務化も盛り込んだ。

改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する検討会報告書


「平成26年度・企業におけるメンタルヘルス対策の取組状況」(品川労働基準監督署・A4判・6頁)

 昨年6月に公布された改正安衛法への対応状況を調査。9月に実施し216社が回答。検査の実施者が法律に適さない可能性がある事業場が3割超に。

※リンク切れ

ジャンル:
平成27年2月16日第3005号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ