【人事の小窓 ちょっと道草】「映画監督」という正社員/関根 康

2014.07.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 松竹㈱という映画・演劇を生業とする会社で、主に人事・総務の仕事をし、今年から新たに経理・財務も担当することになりました。昨年は歌舞伎座再開場こけら落とし公演と歌舞伎座タワーのオフィスリーシングで、それこそ大変皆様のお世話になったところです。

 そんな社内で、従業員に配布する社内報(隔月発行)の紙面を全面リニューアルすることになり、新たに設けられた巻頭対談のコーナーへの登場を頼まれました。

 対談の相手は映画監督の本木克英。本木監督は数十本の映画やテレビドラマを演出し、6月には弊社作品「超高速! 参勤交代」を公開したばかりの人気監督です。…

筆者:松竹㈱ 取締役人事部長 関根 康

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月7日第2975号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ