【人事の小窓 ちょっと道草】採用方法の見直しが奏功/上野 浩

2014.02.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社は、昨年65周年を迎え、戦後から現在まで日本のものづくりの一役を担ってきました。今では、幅広い業界に化学製品を提供し、次世代製品の研究開発にも積極的に取り組めるようになりました。しかし、永続的に発展するためには、新しい技術の開発だけでなく、従来の技術を確実に伝承できる環境や組織を継続していくことも必要で、そのためにも人を指導できる人材の確保が大きな課題となっています。…

筆者:綜研化学㈱ 人事部 主査 上野 浩

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月3日第2955号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ