【人事の小窓 ちょっと道草】ジェネラリストとスペシャリスト/諏訪 貴子

2014.04.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 人事が発表され、新しい職場で春を迎えた人も多いと思います。その新しい環境の下、「ジェネラリスト」と「スペシャリスト」との関係で悩む中間管理職も多いことでしょう。

 先日、女性のリーダーたちが集う会で講演会を行いました。皆、大手企業の役職付きや経営者ばかり。講演会の後、「討論」の場が設けられ、その中で多く語られたのが、ジェネラリストとスペシャリストのかかわりについてだったのです。

 彼女たちの多くは、人事のジェネラリスト(総合職)という立場でスペシャリスト(専門家)をまとめる役割を果たさなければならず、…

筆者:ダイヤ精機㈱ 代表取締役 諏訪 貴子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月7日第2963号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ