【人事学望見】第913回 休憩時間は労働からの完全解放!? 管理権タテに外出禁止も認める

2013.06.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

多分に形式的な面もある

 労働基準法第34条第3項は「使用者は休憩時間は自由に使用させなければならない」と規定している。判例では「正当な理由も無く、個別的に禁止したり、あるいは一般的に許可を求めるための届出を要求することは有効にこれをなし得ない」という観点が定着している。

規律保持上やむを得ない

 北町製作所の守衛所には、早朝7時から午後10時まで4人の守衛が2交代で目を光らせている。資材搬入の出入業者には、チェックが厳しいことで知られ、担当社員によくこぼしている。十数年来、納入している横川部品製造のクルマも、例外なくキチンと入門手続きをしないと入所できない。

 「お宅とは、随分懇意にしてもらっているが、あの守衛さんたちの頭の固さは、どうにかならんの?」…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月3日第2923号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ