【企業合併 人事・賃金・評価統合の進め方】最終回 連載を終えるに当たり/梅本 迪夫

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

既得権保証し調整を 代償措置なき削減は慎む

目的達成へ意欲不可欠

 半年間にわたり、企業合併に伴う人事・賃金・評価制度および退職金制度の統合について説明してきた。紙数や掲載図表の制約もあり、ご理解しにくかった点も多々あったかと思うが、ご容赦いただきたい。最後に、これまでの内容を総括したい。

 合併に伴う制度の統合に当たっては、その目的が業績の維持ではなく、飛躍的上昇にある以上、新会社を支える従業員のモチベーション向上は不可欠の要件になる。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月23日第2974号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ