【企業合併 人事・賃金・評価統合の進め方】第10回 諸手当の統廃合と経過措置・救済措置/梅本 迪夫

2014.03.17 【労働新聞】

不利益発生放置せず 廃止に伴い加算や調整を

増額し定額分のみ存続

 今回は、諸手当の統廃合について説明する。

 賃金制度の基本的考え方に適合しない手当類は廃止するが、これによって生じる不利益変更については、経過措置、救済措置を設けることが基本になる。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年3月17日第2961号13面

あわせて読みたい

ページトップ