【企業合併 人事・賃金・評価統合の進め方】第5回 一般職能における賃金制度②/梅本 迪夫

2014.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

変動部分のみ本給へ 初任時の水準は定額化

諸手当廃止し底上げに

(1)年齢給を固定部分と変動部分に分割し、2類型の職能給へ

 今回は、前回示したA社・B社の例について、具体的な統合手法を解説したい。まずはA社にのみ存在する年齢給をいかにして廃止し、統合後の基本給(定額職能給+範囲給型本給)へ移行させるかを説明する。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月10日第2956号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ