【企業合併 人事・賃金・評価統合の進め方】第9回 管理・専門職能における賃金②/梅本 迪夫

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

高評価ほど調整加速 併せて年功の弊害改善へ

優秀者は4年を待たず

(1)評価別号俸加算基準の作成

 引き続き、管理・専門職能における基本給の移行と調整方法について説明したい。前回は、A社各人の移行時基準額(本給+職能給+管理職手当+本社地域手当)の分布実態を把握するため、号俸間格差5000円の「仮の号俸表」を作成した。これにより、新たに移行する評価別賃金(単年度洗替え方式の5段階評価別賃金)の額を下回る者がいかに多く、その格差も小さくないことを把握した。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月10日第2960号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ