【ぶれい考】地域色豊かな進路指導本を/吉田 修

2015.02.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国の高校で進路指導を担当する先生を対象としたアンケート調査(2013リクルート進学研究所)によれば、進路指導を難しいと感じている割合が9割を超え、その理由のトップは

「生徒の家庭・家庭環境の悪化、家計面の問題」であるという。本人に起因する問題ではないことが課題解決を難しくしている。

 一方で、高校生のキャリア教育については…

筆者:全国求人情報協会 参与 吉田 修

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年2月9日第3004号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ