【ぶれい考】社員のやる気も社長次第/近藤 宣之

2016.12.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 現在、日本の企業総数は382万社。このうち99.7%が中小企業で、わが国の雇用の約70%、給与支払いから発生する所得税の約40%、社会保険料拠出の約40%を担っている。中小企業がわが国の雇用や社会保障を支えているといっても良い。一方、この5年間で、40万社もの中小企業が姿を消している。中小企業の活性化なしには、日本の再生も地方創生も実現できない。

 中小企業は多くの問題を抱えている。人手不足や事業承継に悩み、大企業に比べ低い生産性に苦慮している。政策による支援も必要としている。…

筆者:㈱日本レーザー 代表取締役社長 近藤 宣之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年12月12日第3092号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ