【ぶれい考】アベノミクスのリスク/古賀 伸明

2013.03.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨年12月の政権交代で第2次安倍政権が発足し、すでに2カ月が経過した。

 安倍政権は「大胆な金融緩和」、過去最大規模の補正予算を含む「機動的な財政出動」、そして「民間投資を喚起する成長戦略」という「3本の矢」でデフレ脱却・経済再生へとつなぐ政策運営を行い、政府・日銀の共同声明で2%のインフレ目標も設定した。この政府の手法の是非については、識者間での様ざまな議論がマスコミなどを通じて報道されている。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年3月18日第2913号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ