【ぶれい考】等しく機会与え成長促す/近藤 宣之

2016.02.08 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「社員の成長が企業の成長」「企業は自己実現の舞台」をモットーに経営をしているが、今回は具体的に社員の成長やキャリア形成への支援について述べたい。

 当社は、常時通年採用をしているので、国内新卒者が5月に、海外大卒者が7月に入社するケースがある。職種別にOJTを実施し実務能力を習得させる一方、経営理念や方針、望ましい人財の条件などは毎月の全社会議や毎週の社長塾といった社内で、専門的コーチングやプレゼンテーション技術などは当社と価値観を共有する社外の研修機関に派遣し教育している。…

筆者:㈱日本レーザー 代表取締役 近藤 宣之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年2月8日第3052号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ