【ぶれい考】 あらゆる情報活かしきる/横田 響子

2016.07.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 毎朝、豆から挽いて淹れたコーヒー片手に新聞を読むのが好きな時間の1つ。ワーク・ライフ・バランスや長時間労働の是正が話題の昨今だが、私は休息を確保しつつも、ワークとライフはブレンド派で、日常をも仕事に活かしている。

 輸出入を行う経営者とは為替、アパレル経営者とはトレンド、飲食店オーナーとは回転率や原価について会話を重ねる。多種多様な女性起業家たちやクライアントの状況を把握するには、幅広い会話に即座についていくインプットが重要だ。通り過ぎる情報はいつでも仕事に活かしきる。

 今回は、情報を駆使しヒット商品を継続的に世に出す京都の女性社長、チェルカトラベルの井上ゆき子さんを紹介したい。…

筆者:コラボラボ 代表取締役 横田 響子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月25日第3074号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ