【ぶれい考】http://act.equaltimes.org/ja/古賀 伸明

2012.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中東・西アジアの国家、アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国、「カタール」。この国の大部分は不毛な砂漠の平野で、西部に南北に伸びる石灰岩のドゥカン山地が最も高く、海抜は103メートルしかない。この山地の下にドゥカン油田が存在し、一方、世界最大級のガス田はカタール半島北東からイラン方向の海底に広がっている。

 今、私たちはこの国に極めて高い関心を持っている。

 中東は、労働組合権が最も尊重されていない地域の一つであり、労働者とりわけ移民労働者への権利侵害は甚だしい。なかでもカタールは、全労働人口の約94%が移民労働者で占められる一方、…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月19日第2897号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ