【ぶれい考】「均質化」にどう抗うか/山崎 正晴

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 いよいよ6月にブラジルでサッカーW杯が開幕する。日本代表への期待とともに、いまから楽しみである。

 ただ往年のファンから言わせていただくと、近年のサッカーは「均質化」が進んでしまって、かつてのような国や地域の「スタイル」の違いがどんどんなくなってきていて、観戦するうえでそういう側面の魅力は薄れてきた感は否めない。かつては、「組織の欧州」対「個人技の南米」といった対照的なスタイルの対決がW杯観戦の醍醐味の一つだった。…

筆者:横河電機㈱ 執行役員・人財本部長 山崎 正晴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年6月9日第2972号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ