【ぶれい考】画期的マタハラ最高裁判決/古賀 伸明

2014.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 去る10月23日、最高裁判所がマタニティハラスメントをめぐり、妊娠・出産を理由にした職場での降格は、原則違法とする判断を下した。広島市の女性が、「妊娠後の異動先で管理職を解かれたのは男女雇用機会均等法に違反する」として勤務先の広島市の病院に損害賠償を求めていた裁判で、女性が敗訴した2審判決を破棄し、審理を広島高裁に差し戻したのである。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月17日第2993号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ