【ぶれい考】心の健康でも成長戦略/山崎 正晴

2014.10.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働安全衛生法が改定され、企業に従業員の「ストレスチェック」が義務化されることになった。今後政令省令等の整備を進め、2015年度にも施行される運びとのこと。

 メンタルヘルス対策は、社員の健康管理と職場の生産性への影響という面はもちろん、これから日本企業が、グローバル競争のなかで「成長」へと舵を切っていくうえで、極めて重要な取組みになっていくだろうと予測している。…

筆者:横河電機㈱ 執行役員・人財本部長 山崎 正晴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年10月13日第2988号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ