【ぶれい考】人材サービス産業史編纂を/吉田 修

2015.08.10 【労働新聞】

 ロイヤル・ワラントとは英国王室御用達認定証のことである。今や物品のみならず各種サービスにまで広がり、約1000社が登録されている。5年ごとに厳しい審査が行われ、品質などが低下したら紋章の剥奪ということもある。この認定対象リストに魚屋・薬局・弁護士・骨董商・靴や車の修理所はあるが、職業紹介事業所や娯楽施設はないという。…

筆者:全国求人情報協会 参与 吉田 修

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年8月10日第3028号5面

あわせて読みたい

ページトップ