【”制約社員”の活躍レシピ!!】第4回 制約社員という多様性(下)/木谷 宏

2017.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「多様性」とひと口にいっても、その概念の奥深さが今回よく理解できると思う。労働者や組織それ自体が多面な側面を有しているだけでなく、時々の状況に応じて、たとえば個人でいえばライフステージごと個人の属性は変化していく。会社がそのすべてに関与するのは現実的ではなく、いかに状況に応じた個人への支援態勢を構築するかが鍵だと説く。

個人の可能性信じよ "応援型"人事管理を

個人属性の変化にも配慮

1 ダイバーシティ・マネジメントの構造

 組織における多様性には3つの形態が考えられる。多様性は「個人の内なる多様性」、「組織構成員の多様性」、「集合体の多様性」の三重構造を成しており、それぞれに対応するダイバーシティ・マネジメントの手法も異なる。中でも、…

筆者:県立広島大学 経営専門職大学院 教授 木谷 宏

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月24日第3122号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ