【激変する人材採用システム】第4回 キャリア採用の活用 新たな手法が続々 社員から知人の紹介も/近田 高志

2020.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年齡問わず転職が拡大

 前回も紹介したとおり、総務省が発表する「労働力調査」によると、2019年の転職者の総数は372万人と5年前から60万人増えている。

 これを年代別にみると、25~34歳が86万人と最も多く、10万人増加している。その他、25~34歳が71万人(16万人増)、35~44歳が66万人(1万人減)、45~54歳が57万人(16万人増)、55~64歳が51万人(11万人増)、65歳以上が21万人(9万人増)となっている。ご覧のとおり、転職が難しくなるとされている35歳以上の層が195万人(35万人増)と、34歳以下の157万人(26万人増)よりも多い。

 一方で、前年対比でみると、全体で22万人増加しているうち、34歳以下の増加が16万人となっていることから、直近においては若手層の転職が増えていることもみてとれる。…

筆者:一般社団法人日本能率協会 KAIKA研究所 所長 近田 高志

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年5月4日第3255号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ