【キャリア権の時代】第10回 有力な役員多数結集 NPO化 法整備へ研究会発足/吉田 修

2014.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

社会的信用を得る

 2012年1月に「NPO化準備のための幹事会」が発足し、NPO発足に向けて本格的にスタートした。

 NPOにするメリットは2つある。1つは社会的な信用である。非営利で公益が目的の行政認証の組織であることは、会員募集や寄付、イベントの集客、行政からの事業の受託等においてプラスに働く。2つ目は法律行為の主体として法人名での各種の契約ができることであり、厳正な事務処理や情報の公開が求められる。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
公益社団法人 全国求人情報協会 参与 吉田 修

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月8日第2984号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ