【キャリア権の時代】第23回 意識は”職務忠実”に 報酬形態も緩やかに移行/西尾 健二

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

企業の力とも関係

 当コラムもあと2回、これまでの連載を振り返る。第1回では、キャリア権という新しい考え方について紹介した。端的にいえば、働く人、あるいは働こうとする人が職業生活を通じて自己実現し幸福を追求しようとする概念である。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」 西尾 健二

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月15日第2997号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ