【キャリア権の時代】最終回 企業の新たな魅力に 職業生活通じ自己実現を/西尾 健二

2014.12.22 【労働新聞】

明確に水準を示せ

 前回は、これまでの連載を振り返りながら、これからの私たちの働き方は、組織主体から個人主体へと緩やかに移行していくだろうと指摘した。最終回となる今回は、今後のキャリア権の確立のためになすべきことについて述べてみたい。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」 西尾 健二

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年12月22日第2998号10面

あわせて読みたい

ページトップ