【キャリア権の時代】第8回 人事権との両立図れ ビジネス上の要請として/石山 恒貴

2014.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

乗り越えるべき壁

 前回までの連載の中で、憲法に基づく、キャリア権の理念、概要について説明してきた。キャリア権の理念自体は、比較的分かりやすいし、納得できるものだったのではないだろうか。またキャリア権の理念が、現実の法律などに影響を与えている事実も述べた。

 しかし、キャリア権の理念を現実、とりわけ企業の実務の中で、具体化していくためには、まだ乗り越えなければならない壁があると考えられる。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山 恒貴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年8月25日第2982号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ