【キャリア権の時代】第4回 個人決定型へ移行 ”組織一律”に限界生じる/石山 恒貴

2014.07.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働法への影響

 前回は、「雇用が財産」という考え方が「キャリアが財産」という考え方にパラダイムシフトしてきた経緯について述べた。それに伴い、個人のキャリア戦略に変更の必要があることを説明した。

 では、こうしたキャリア権の意義は、現在の法律に対して、いったいどのような影響を与えているのだろうか。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山 恒貴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月28日第2978号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ