【キャリア権の時代】第22回 法制化へ向け提言 個人と企業の調和めざす/太田 正孝

2014.12.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

増加する転職者数

 わが国は労働人口の減少傾向と急速な高齢化、ITの爆発的な拡がりと国際化の進展という時代を迎えた。伝統的日本文化・慣行に依って築き上げられた政治・経済・教育・労働・医療などあらゆる仕組みは未来型への脱皮が急務となっている。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
副理事長 兼法制化研究会 幹事役 太田 正孝

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年12月8日第2996号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ