【キャリア権の時代】第16回 問題発見能力が重要 自ら考え行動する習慣を/須東 朋広

2014.10.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

座学より実学重視

 前回は、現在のような激変する経営環境において経営は、創造型人材を見極め、活用することが重要だと述べた。商品ライフサイクルが短命化する昨今、イノベーションを起こす創造型人材がきちんと機能するよう、経営者自身も人材マネジメントに関わっていく必要がある。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
インテリジェンス HITO総合研究所 主席研究員 須東 朋広

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年10月27日第2990号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ