【キャリア権の時代】第7回 自助・共助の連携を 北欧諸国事例が参考に/石山 恒貴

2014.08.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

個人の役割が増大

 今までの連載の中で、キャリア設計の主体が「組織決定型」から「個人決定型」に緩やかに移行し、今後は企業主導ではなく、個人がキャリア設計を行う場面が増加すると述べてきた。

 ただ、そのような変化は簡単に進行するわけではない。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山 恒貴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年8月18日第2981号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ