【キャリア権の時代】第6回 半年ごとに面談開く 専門性で個人意思尊重/石山 恒貴

2014.08.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

IT業界で優位へ

 今回は、日本システムウエア㈱の事例を紹介したい。同社は1966年の創業以来、事業領域をソフトウエア開発から、デバイス開発、システムインテグレーション事業、データセンター事業を中核としたクラウドサービス事業へと、時代の要請に応え拡大している。

 IT業界で競争優位を確立していくため、ビジネス環境の変化に合致してビジネスバリューを出せる高度IT人材を育成しなければならない。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」 法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山 恒貴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年8月11日第2980号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ