【キャリア権の時代】第2回 生涯学習が重要に 個人の努力も義務付け/石山 恒貴

2014.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

憲法に根拠を置く

 前回は、キャリアの定義について説明をした。今回は、キャリア権と憲法の関係について考えていきたい。

 現段階ではキャリア権は、キャリアを自律的に決定し、形成しようとする働く人のための理念概念である。重要なことは、憲法に根拠を置く理念概念であるということだ。そのため、キャリア権は、時代の変化に合わせて労働法そのものを見直す中核的な概念となり得る性格を有している。では、具体的に憲法のどの条文に根拠を置いているのであろうか。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山 恒貴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月14日第2976号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ