【キャリア権の時代】第9回 世界に先駆けて提唱 人事異動権濫用の視点も/吉田 修

2014.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

誕生は1996年

 キャリア権は、法政大学名誉教授の諏訪康雄先生が提唱されたもので、世界に先駆けた日本オリジナルの法的な概念である。先生がこれについて最初に論文を発表されたのが1996年「雇用関係の変化と労働法の課題」(中央労働時報901号)で、以後1999年にかけて断続的に論文を執筆。その後、厚生労働省が「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」を立ち上げ、座長に就任された諏訪先生によって研究会報告書が2002年7月に発表された。…

筆者:NPO法人キャリア権推進ネットワーク「キャリア権推進研究会」
公益社団法人 全国求人情報協会 参与 吉田 修

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月1日第2983号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ