【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第6回 聴覚・言語障害② 手話だけでは不十分 速度は健常者側にも配慮/久保 修一

2015.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

障害者側こそ文字伝達を

 聴覚障害者Dの場合、業務の指示などがメモや付箋で行われていた。だが、それがはがれ落ちてしまったことでDは会議に参加できず、仲間外れにされたと感じた。その後、同僚たちを非難するメールを外部に送ったり、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月10日第3028号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ