【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第22回 意思疎通とストレス 決めた範囲で対応を ストレスからの愁訴注視/久保 修一

2015.12.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

特性理解がベースに

 コミュニケーションやストレス耐性に問題のある障害者は多い。

 上場企業に勤める障害者(精神3級・ADHD)は、コミュニケーションに強い障害があると正直に自己申告して入社した。しかし、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月14日第3044号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ