【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第12回 うつ病② 経験語り説得はNG 下手な知識が墓穴を掘る/久保 修一

2015.09.28 【労働新聞】

線引きしつつ要求に対応

 一般的に、うつ病のみの診断で精神障害者手帳を取得するハードルは高く、もともと重症のケースが多い。また、うつ病の裏に潜む発達障害や別の精神疾患が本当の問題である場合が多数存在する。聞きかじった程度の知識で「うつ病にはこうすれば良いだろう」と対処した結果、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年9月28日第3034号10面

あわせて読みたい

ページトップ