【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第10回 精神障害(全般) 診断書みて症状確認 入社時が最高の健康状態/久保 修一

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

専門家でも判別が困難

 厚生労働省指針例――出退勤時刻・休暇・休憩に関し、通院・体調に配慮すること――

 厚生労働省によると、平成26年度に就職した精神障害者の数は3万4538人と前年度より17.5%増加している。平成30年に施行される改正障害者雇用促進法に向け、精神障害者雇用は避けて通れないと捉える企業も多いのではないだろうか。

 精神障害者雇用の全般的な課題としては2点、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月14日第3032号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ