【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】最終回 今後の展望 一貫した姿勢示そう まずは会社から意識変え/久保 修一

2015.12.28 【労働新聞】

課題解決が絆を深める

 職場で虐待されていると1年ほど前に相談に来た障害者(精神3級・発達障害)から連絡があった。

「今も同じ会社で働いていて、本当はとても良い会社だった。こんな私でも結婚することになった」という報告だった。その会社は、障害者雇用の実施体制を一から見直し、社会的責任として真剣に取り組むと宣言。担当者は「今後相談がいくことはないと思う」といっていた。…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年12月28日第3046号10面

あわせて読みたい

ページトップ