【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第7回 身体(上下肢体)① 休憩の合図を定めて 通勤時にも配慮が必要に/久保 修一

2015.08.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

理由分からず生じた溝

 厚生労働省指針――机の高さを調節することなど作業を可能にする工夫を行うこと――

 「バリアフリー」は誰もが知る言葉となった。健常者が身体障害者に持つイメージは、障害部位に配慮ができていれば健常者と変わらないというものではないだろうか。

 労使問題が少ない障害と思われるだろうが、実際には多くの相談が来ている。その内容は、身体障害に関するものはほとんどない。実際、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月17日第3029号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ