【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第9回 内部・高次機能 思い込みで配慮禁物 再就職の困難にも気遣い/久保 修一

2015.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

先伸ばしが生んだ虐待

 健常者として働いていた従業員が脳や心臓の病気、糖尿病などを患ったために身体障害者になった場合、必要な配慮の判断が難しいと聞く。一方、障害者も生活設計の全てが狂い、再就職の困難さもあり途方にくれている。

 脳梗塞の手術後手足に障害が残ってしまった障害者Cは、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月7日第3031号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ