【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第1回 現状と展望 「合理的配慮」を解説 大半の紛争は回避可能に/久保 修一

2015.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「合理的配慮」を解説 大半の紛争は回避可能に

”採用=ゴール”ではない

 「うちの会社で働いている障害者は幸せだ」「わが社は障害者とうまくやっている」――こういわれたことがある。一方で、私どものところへ働く障害者からの相談が毎日のように届いており、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月6日第3023号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ