【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第8回 身体(上下肢体)② 欠損見えない工夫を 社外と接点少ない配置へ/久保 修一

2015.08.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

安易な同情が問題に発展

 上肢奇形の身体障害者B(先天性)は、様ざまな資格を取得しており、パソコンのキーボードを体に合わせて加工するなど工夫もして、職場では会社の協力も得て健常者と同等の業務をこなしていた。しかし、…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月24日第3030号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ