【改正法対応 そこが知りたい!障害者雇用】第16回 統合失調症 専門家なしでは困難 妄想を否定すると悪化も/久保 修一

2015.10.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

いつの間にかうつから進行

 統合失調症は、かつては精神分裂症と呼ばれていた。自らが病気であると認識できず、かつ通院を拒否する場合も多いため、治療は困難で一般就労が可能な程度に寛解するのは10人に2~3人という精神科医がいるほどだ。…

筆者:ソーシャルハートフルユニオン 書記長 久保 修一

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年10月26日第3038号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ