【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第12回 原審判決と比べて読む(2)/藤川 久昭

2013.09.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

地裁と高裁の比較 結論が異なる理由検討

1 今回の狙い

 前回に引き続き、原審判決と比べて読むというやり方について説明し、みなさんにその重要性を感じていただく。前回は、最高裁判決の正確な理解には、高裁判決を踏まえる必要があるという観点を強調した。みなさんは、そのことに加えて、最高裁判決と高裁判決で、損害賠償額の減額割合と、それが認められる要素について、結論が分かれていることに気付かれたと思う。このように、同一事案であっても、地裁、高裁、最高裁で結論が分かれることは(当然ながら)、よくあることなのである。

 そこで今回は、地裁と高裁で結論が分かれたものを取り上げる。具体的には、第3回でも紹介した渡邉金属運輸(保全異議)事件について、整理解雇を無効だとした地裁決定(宇都宮地裁栃木支決平成22年2月19日労経速2074号37頁)と高裁決定(東京高決平成22年5月21日労判1013号82頁)を取り上げる。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月23日第2938号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ