【本バンザイ!!】“文士”はどこへ行った?/鷲尾 賢也

2013.12.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 1月に亡くなった作家、安岡章太郎のエッセイ『文士の友情』(文藝春秋)が話題になっている。ベストセラーというような売れ方ではない。しかし、評判は数字だけではない。多くの書評が出た。これほど新聞各紙に掲載されたのも、近年ではあまり例を見ないのではないか。しかも、ほとんどが愛玩するような、愛情にみちた文章だったのも印象的だった。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年12月16日第2949号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ