【本バンザイ!!】ベストセラーと名作の違い/鷲尾 賢也

2013.10.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 行列しているラーメン屋が気になるのと同じように、ベストセラーといわれると、おもしろいのではないかと思ってしまう。日頃、読書など縁がない人でも、買ってしまうのがベストセラーであろう。

 「ハリー・ポッター」シリーズ最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』は、世界中で1200万部が刷られ、2007年7月21日、発売初日になんと、1100万部が売れてしまった。何が人々を熱狂させたのだろうか。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月7日第2939号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ