【本バンザイ!!】万年筆で書いた手紙を送ろう/鷲尾 賢也

2014.02.10 【労働新聞】

 パソコンやケイタイの普及によって、手紙がずいぶん減ってきた。メールによる連絡が圧倒的に多い。早いからである。しかし、手紙やはがきをもらうと、メールとは違う温かみを感じる。なかでも手書きは、心に沁みる。何故なのだろうか。

 リタイアしたとき、一通の封書をいただいたことがある。在職中は特別に親しい関係ではなかった著者であった。しかし、万年筆で書かれた便箋の文字は、心をうった。「ああ、いい方だな」と感激した記憶がある。今でも忘れられない。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年2月10日第2956号7面

あわせて読みたい

ページトップ