【本バンザイ!!】「日記」はリズムを味わってこそ/鷲尾 賢也

2013.04.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神坂次郎『元禄御畳奉行の日記』(中公新書、現在は中公文庫)が、ベストセラーになったことがある。一つの例だが、他人の日記はどこか覗き趣味を刺激するところがある。

 日本人はむかしから日記が好きで、よくつけていた。例えば、歌人・藤原定家が56年間、書き続けていた『明月記』。12~13世紀の宮廷の日々、あるいは文学的苦悩、さらに寒暖や天候まで、細かく知ることができる。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年4月8日第2916号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ