【本バンザイ!!】「長いの」はお好き?/鷲尾 賢也

2013.02.04 【労働新聞】

 長編小説というジャンルがある。例えば、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』、あるいはトルストイ『戦争と平和』、『アンナ・カレーニナ』、ロマン・ローラン『魅せられたる魂』、マルティン・デュガール『チボー家の人々』などが思い浮かぶ。

 学生時代、それらを読んでいないとバカにされたので、必死に食らいついたことを思い出す。しかし、いまになってみると、

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年2月4日第2907号7面

あわせて読みたい

ページトップ