【本バンザイ!!】長いが読んでみたい「大菩薩峠」/鷲尾 賢也

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中里介山『大菩薩峠』。世界でいちばん長い小説ともいわれている。トルストイ『戦争と平和』の約3.5倍の長さ。現在はちくま文庫で全20巻(かつて角川文庫、富士見文庫にも入っていた)。1冊が500ページほどあるので、総枚数は相当のものになる。読み通すことができた人はどのくらいいるだろうか。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月12日第2932号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ