【本バンザイ!!】蔵書の苦しみからは逃れられない/鷲尾 賢也

2013.11.04 【労働新聞】

 いつの間にか、増殖するのが本である。気が付くと、その辺りに積み上げられている。捨てることがなかなかできない。廃品回収に出せない。気がとがめるからだ。そうやっているうちに、もう一つの塔?が積み上がってゆく。倒れそうで、なかなか倒れない。まるで「ピサの斜塔」などといっていると、すごい音をたてながら崩壊するのも事実である。

 本棚、本箱はすでに一杯。新しいものを買いたいと言えば、連れ合いは、「何を考えているの?並べるところがないでしょう。むしろ、捨てるべきでしょう」などと言うに決まっている。…

筆者:鷲尾 賢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年11月4日第2943号7面

あわせて読みたい

ページトップ